陳情審査

2007.07.27
 今日の総務常任委員会は「北部軍司令部防空指揮所の保存」要請に関する陳情審査でした。

 月寒地区に太平洋戦争中に使われた施設が63年経った今も存在しています。非常に頑丈なコンクリート建築で、昨年まで自衛隊が使用していました。

 札幌にただ1つ残った戦争遺跡です。
この施設について過去3回市民団体から札幌市に保存の要請がありましたが、市の回答は財政的に難しいということでした。

今回は「国に対して保存を要請してほしい」という内容で、改めて審査にかかりました。

本市が購入できない施設を、多額の費用がかかることを知りながら、国に保存を依頼することができるのか、とも考えましたが、戦争という悲惨な経験を形で残すことは国であるからこそできる。この施設は壊してしまえば二度と見ることのできないものです。

 札幌市の平和事業は平和の尊さや戦争の悲惨さをソフト面で訴えるとされていますが、現実に戦争体験者はご高齢となり、言葉で伝えていくことの難しさもあります。

「百聞は一見にしかず」と言うように、目で見る戦争遺跡は何にも変えがたいものと思います。
私たちが受けてきた学校教育以降、近代史は軽んじられてきたと思います。
 札幌市は平成4年に戦争や核兵器のない世界を目指して「平和都市宣言」を行いました。

札幌の明日を担う子どもたちに平和の尊さや戦争の悲惨さを伝えることのできる平和事業をさらに進めていく必要があると考えます。

そのためにも是非、この施設を保存することを国に対して要望していかなくてはならないと考えます。
 東区タウンミーティングがサッポロビール博物館で開催され、100人位の東区民が参加されました。

 まず「手をつなぐ地域と大学」の題でH18から天使大学が東保健センターと取り組んきた健康づくりシステムを始めとする活動、研究が発表されました。

 東区民の現状や課題が明らかになり、それぞれ10地区に特色があること、活動の工夫がなされていること、世代交代や活動資金について問題を抱えていることが発表され、行政に対しては参画と運営、予算の確保、活動場所の確保、行政とのパートナーシップの一貫性等に期待されていることが分かりました。

 また大学への期待としては、企画力、メンタルケア・ターミナルケア・子育てへの支援、研究成果の還元と発信、若い学生との交流等が上げられました。

 大谷大学からはH17より大学内で開設されている子育て支援センター“んぐまーま”の紹介がありました。

 地域における子育て支援機能の一つとして、学生は学ぶ場として実際に協働している事を知りました。

 東区は素晴しいこの二つの大学とコラボレーションできる事。
まさに「地域に開かれた大学」そのものであることを確認し、嬉しくなりました。

 その後、フリートークとなり元町、苗穂、北光地区から、地区の課題が発表され、上田市長からアドバイスや意見交換がされました。

 タウンミーティングは誰でも参加でき、発言もできる会で、行政が身近に感じられると強く思いました。

司会を地域FMさっぽろ村ラジオの石川めぐみさんがされ、とても機転の利く素敵な対応に関心しました。
 今日は認知症の義母がお世話になっているグループホームの昼食会が近くの仕出し屋さんであり参加しました。

 78才から98才の入居者は18名中男性は2名だけ、いつもと違って皆きれいにお化粧して
いただきとても華やいでいます。
家族と参加の方はホームからゆっくり歩いてやってきました。義母は車椅子で参加です。

大広間で総勢40人が集まり始まりました。

義母がお世話になって丸4年、家族が安心して思い思いに仕事が出来るのもこのように看ていただける施設があるからと本当に感謝です。

 結構出入りもあり、最近入居された方のご家族は特養ホームに入所していた時と比べて顔つきがすっかり穏やかになったと喜んでいました。かなり症状が進んだ方でも、施設との相性があり、当人も家族も安心できるのは本当に難しい事を改めて知りました。

 それにつけても、介護士さんの献身的な対応には本当に頭が下がります。待遇が少しでも改善されるように働きかけなくてはなりません。

サロン北光

2007.07.17
サロン北光
 ふれあい・いきいきサロン北光に初めて参加しました。

このサロンは北光地区”福祉のまち推進センター”の中心となる活動で、札幌市知的障害者福祉施設あかしや学園の利用者と地域の高齢の方がた、ボランティアを中心に毎月開催され、すでに24回を重ねています。

 あかしや学園からは毎月約10名、地域からは、高齢の方から幼児を含め20名位が参加していました。

 昨日は七夕飾りを皆で作り、短冊に願い事を書き、発表し笹に飾りました。

皆で合唱やゲームをした後、あかしやのメンバーによる仮装大会となりました。

仮装大会はそれぞれ個性的な発表で参加者は大喜びでした。

 そしてふれあいお茶懇タイムでは懐かしい駄菓子を頂きながら色々な話をしました。

 2時間があっという間に過ぎ、とても心温まるひと時でした。

 毎月第3火曜日13:30から通常は北17条東5丁目のあかしや学園で開催されています。

 地域にはいろいろな個性を持つ方が生活しており、それぞれを認め合い支えあう事が何より必要と思います。

北光地区人口:2万4千人、世帯数:1万4千高齢人口率:19.5%、年少人口率:9.5%支えてくださるボランティア:214名

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
”あかしや喫茶”のおしらせ

 今年度2回目の催しで、「あとりえ・あかしや」の工芸品や作業所
作品の販売もあります。

 8月1日(水)13:45〜15:00
あかしや学園 2階 食堂 Tel(723)0411

サロン北光
 北栄連合町内会主催の美香保夏まつりが14.15日開催されました。

18回を迎える東区最大のお祭りです。かつて8回東区夏祭りとして開催されていましたが、2回の美香保商工会主催を経て今は連町主催となり8回目を迎えたそうです。

確か子ども達が小さかった頃、美香保公園まで連れて行った記憶がありました。

 昨日は好天で大勢家族連れや友達グループが参加していました。食べ物や遊び、リサイクルの出店などが沢山出ていて賑わっていました。
うれしかったのはおしるこがあり白玉が一杯入ったもので、大変美味しかったです。

夏のお祭りにおしるこはなかなか粋なものです。

北栄地区には27の単町があり、3万8千人と最大の連合町内会です。通常4のグループとして活発な活動をしている事を伺い、このようにすばらしいお祭りが出来る地域であることを再確認させていただきました。

まさに市民自治そのものです。これからも毎週東区各地でお祭りがあります。それぞれ特色があり、拝見させていただくのが楽しみです。

お祭りはいくつになってもワクワク、天気に恵まれますように。

文教委員会

2007.07.09
 昨日も”番外”をしました。
文教委員会では「食物アレルギー除去食を実施している保育園への助成」に関する陳情が議案でした。赤ちゃん連れのお母さんを始め沢山の傍聴者がいらしてました。

我が家の娘二人もアレルギーを持っており、幼児から小学生の頃まではアトピーやアレルギー性鼻炎で本当に可哀想でした。

30年前は今ほど食物アレルギーに関する知識も少なく、夫婦共アレルギー体質だったため、必然的に体質からきたものと考えていました。

今振り返ると、食物アレルギーもあったのではと思います。二人の娘は成長するに従い、軽減されましたが、長女は未だに肉類は避けているようです。

 札幌の保育園168施設に対象児がいて、1施設当り4.7児になるようです。

毎年増えており、非常に重たいアナフィラキシー症状になる幼児もいて、個々の対象食品が違うため、個別食の実施や、誤食の危険対応等保育園においてはかなりの負担になっており、人的・財政的な支援が必要と思われます。市は単独で補助保育士の配置をしたり、献立指導等を行っていますが、まだまだ足りないのは否めません。

宗教上の除去食も起きており、今後対応指針の策定を準備中ですが、早急な対応が望まれます。給食時に地域の人的手立てをお借りするなどは出来ないでしょうか。

今後、継続審議となりました。

 札幌市議会は陳情に対しては適宜対応しています。陳情者のお話をしっかり伺いより良い方向付けをしています。
昨日はモエレ沼公園で第8回健康まつりが開催されました。
快晴の天候に恵まれ老いも若きもなんと3千3百人もの東区民が参加しました。

10連合町内会の方がたの協力があればこそ、このようにすばらしい催しが継続できると、改めて感動しました。

朝10時の開会式に参加、ラジオ体操後中座し、伏古ケアーサポートセンターのサマーフェスティバルに参加しました。

ここではイベントに阿波踊り「夢すずめ」が参加、5月から参加しているのですが、中々練習が出来ず、ビデオ撮影役で参加しました。

施設に入所している高齢者が大喜びで、最後は一緒に踊りだす方もありでした。

昼食後モエレ沼公園に戻り、千人ジェンカや東区音頭に飯塚区長と共に参加、久し振りに身体を動かすことができました。

それにしても、シルバーエイジの方がたの底力はすごい!しっかり地域を支えて下さっている様子が垣間見えました。

番外

2007.07.03
29日で第2定例議会が終わりましたが、常任委員会は実施されています。
私は総務委員会に属していますが他の委員会の状況も知りたく、3日は
二つの委員会をはしごしました。

議会用語で”番外”と言うようです。

厚生委員会「札幌におけるコムスン対応について」が行われ、1期生の
山口かずさ委員が質問しました。

札幌においてもコムスンの利用者は多く、今後利用者、家族の不安を思うと行政指導の大切さ・重要性を改めて感じました。

我が家も義母がグループホームのお世話になっており、家族が安心して仕事に取り組むことが出来るのも、この介護保険制度のおかげだと感謝しています。

しかし、昨年の改正は介護事業者には非常に厳しいものとなっており、介護にたずさわる人たちはまさに3Kに直面しています。

知人がせっかく介護士資格を取ったのに、生活できないと、他の職業に変わってしまった話を聞くと、これから益々高齢化となり、介護にたずさわる人が必要になるのに、お先真っ暗になってしまう。

家族が対応出来ないから、施設やホームで専門家に看ていただく必要があり、介護士は適切な待遇を受けなくてはいけないと考えます。

このような矛盾を変えていくためにも、政治を変えていかなければと痛感しました。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長