6月18日から28日まで、初めて海外視察でフィンランド・スエーデン・デンマークに行き、環境・教育・介護・地方自治等沢山勉強させていただきました。
 
 今まで情報では北欧の素晴らしさを聞いていましたが、実際に目で見、耳で聞いてきたものは本当に圧巻で、これからの私の市政への活動に大いに役立ち、栄養となる事柄ばかりでした。

 今日の新聞によると、世界100カ国の幸福度で1位がデンマークと知り、やはりと実感しました。

 今参加した6名で膨大な量の報告書を作成中です。追ってHP上でもご報告させていただきます。

 6月30日より7月10日まで、バンクーバーの長女の産後の手伝いに行ってきました。

 カナダも北欧と同様に医療や教育制度の進んだ国です。
 この10日間、育児・医療・教育と興味ある事柄がありましたので、順次報告いたします。

原爆展開会式

2008.06.29
原爆展開会式
 この6月は大変中身の濃い一月です。
昨日10日間の北欧視察から戻りました。
詳細は追って、報告いたします。

 今日は15時より市役所ロビーで7月10日まで開催される、原爆展の開会式があり、大変感銘深いひと時でした。

 開会式を前に東区丘珠小学校(平和教育を行っている)児童による歌があり、開会式には上田市長は勿論、広島市秋葉市長、長崎市田上市長が参加され、それぞれお話がありました。

 秋葉市長は被爆の声が薄れてきたこと、核兵器が使用されている可能性が大になったこと、都市が日常の中で、誰にも核の使用をさせてはいけないということを共有することで「平和都市会議」を開催し、2015年までに130カ国2,300の都市を目指している。
 都市から国へ働きかけること、特に若い世代の一人一人に働きかけるが、原爆展の趣旨であると話されました。
 
 田上市長からは、子どもにどう伝えるを考え、紙芝居を平和案内の被爆者が行い、幼稚園の子どもから、学校・大人へ伝えていることが話されました。
 また、「日本非核宣言自治体」として平和を進め、今回の札幌の事業は網の目を強くする活動であると話されました。

 開会式の後、被爆者の白鳥さん、吉田さんによる紙芝居とお話があり、平和の原点は「人の痛みが分かる心を持つこと」であり、「話を聞いた人は、平和の尊さを伝える義務があると」話され、今生きている私たちがすべきことを示され、深く感動を受けました。

 昨年総務委員会時に、無防備平和条例の陳情、北部軍司令部指揮所の陳情で、私は平和事業の充実を訴え、上田市長は新規事業等を応えてくださいました。

 この原爆展も広島・長崎市と共催して下さり、多くの人に感動を与えるに違いありません。

 紙芝居は明日6月30日は札幌市内の学校を廻り、朝9時、午後3時の2回ロビーで開催されます。
是非多くの市民の方に見ていただきたいです。

20080629

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長