街宣

2008.12.28
街宣
昨日は三井わきお代議士の今年最後の街頭宣伝に民主党・東区勢ぞろいをし、星野道議、川口谷市議、藤原市議とともに参加しました。

午後3時から栄町交差点で始めましたが、猛烈に寒く風も強く、歩行している人はとても少なかったのですが、通行する車からは手を振っていただいたり、クラクションを鳴らしていただき、あつい応援をいただきました。

場所を変え、鉄東ショッピングセンターにはたくさんの支持者が寒さの中、待っていてくださり、応援をいただきました。

この年末年始は日本にとり大変厳しい状況であり、何としてもこの国を変えていかなくてはなりません。

1月5日から通常国会が開催されますが、本当に国民の生活を第一に考えた政治が待たれます。
官僚主導の政治ではなく、国民の想いをしっかりと受け止め、政策に反映出来る政治家が行う政治こそ本当の政治です。

今政府が第2次補正予算でと考えている2兆円の定額給付金はまさに“政治の放棄”としか言えません。
2兆円を使えば出来ることはいろいろあります。来年3月には8万人を越えると言われている、非正規労働者を始めとする雇用崩壊を支える政策も出来ます。
後期高齢者医療制度も廃止をすることが出来ます。
母子加算金の廃止もしなくてすみます。
私たちは自分たちが払った税金が本当に必要なところで、有効に使われることを望みます。

2008年 皆さまには大変ご支援・ご指導いただきまして、ありがとうございました。
市政におきましても、おひとりおひとりの皆さまと共に、札幌に暮らしてよかったと思うことの出来るまちづくりを目指し尽力してまいります。
もちろん来年こそ政権交代を確実なものといたしましょう。


20081228

代表質問

2008.12.17
代表質問
朝地下鉄に乗る時、発見しました。
車両の外も、中もすべてクリスマス一色でした。
なんか嬉しくなって写真をとってしまいました。

東京ではブランド電車がよく走っていましたが、ここ札幌でも始まった
ようです。

大通り公園ではミュンヘン市が大変好評です。
長い冬が始まりましたが、わくわくどきどきの楽しみを見つけて行きたいと思います。

20081217

代表質問

2008.12.04
代表質問
会派を代表し代表質問をしました。
大きく8件、
1・市長の政治姿勢について
2・市民自治のまちづくり推進について
3・児童虐待など要保護児童対策
4・障害者福祉計画
5・周産期救急医療体制の充実
6・集客交流施策
7・青年施策について
一時間かけ中身濃い質問ができました。
市長の政治姿勢、児童虐待、周産期医療制度など市民にとり関心の深い内容だったので、テレビをはじめとするマスコミに取り上げていだき、多くの反響をいただくことができました。
順次、内容を掲載いたします。

代表質問
いよいよ代表質問 
本年最後の第4定例会が始まり、明日明後日の両日、各会派の代表質問が開催されます。

篠田は1期生のトリを勤め、初めて代表質問をいたします。

第3定例会が終了した後、2週間で第4定例会が始まり、短い時間で代表質問を考え、理事者側との対応があり、篠田だけでは対応できず、諸先輩や同僚議員にも作成していただきました。

1時間の中で、大きく8点を会派代表として質問いたします。

今日まで、内容は刻々と変更もあり、苦慮するところもありました。

明日4日13時より、本会議場で行われます。
ぜひ、多くの市民の皆様に傍聴していただければ幸いです。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長