上田市長と参加議員
今日は8月9日「長崎原爆の日」です。
65回目の「原爆の日」を迎えた6日、「原水爆禁止札幌集会」が朝7時40分から大通西4丁目であり、ドットJPのインターン生と参加しました。

 この集会は広島市中区の平和記念公園でおこなわれている「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)に連動し行われるものです。

 上田市長からは、平和都市宣言を行っている札幌市として、平和な世界を築くために、非核三原則を守り、人類がひとしく平和のうちに暮らせる世界の実現を願うとの話がありました。

 広島では被爆者や遺族、菅直人首相が参列し、犠牲者の冥福を祈り、原爆を投下した米国のルース駐日大使をはじめ、国連の潘基文事務総長や国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長、英仏の代表も初めて出席。過去最多の74カ国が参加しました。

 秋葉忠利広島市長は平和宣言で、「核兵器廃絶の緊急性は世界に浸透し始めており、大多数の世界市民の声が国際社会を動かす最大の力になりつつある」と言及、その上で、核兵器のない世界を一日も早く実現するために日本が積極的にリーダーシップを発揮するよう求めました。

 また潘事務総長はあいさつの途中で「世界平和のために広島に参りました」と日本語で述べ、被爆者が存命中に核廃絶を実現できるように努めようと呼び掛けました。まさに画期的な平和記念式典となりました。

 札幌集会には観光客と思われる通りがかりの家族連れの参加も多くあり、共に原爆犠牲者に対し献花をし、8時15分原爆投下の時間に非核社会を目指し、「核」の脅威に「死」の抗議「ダイ・イン」をしました。

 インターン生はこの後市役所で行われている「原爆展」(〜12日)も見学し、初めての経験であり、平和を願う事ができたと感想を述べてくれました。
二度とあの悲惨な経験をすることがないよう、平和への想いを強く願う一日でした。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長