英王位継承

2013.04.23
英王位継承

AFP=時事 4月23日(火)16時46分配信 によると
英国議会では22日、英王位継承改正法案が可決し、男子を優先せず
第1子に王位継承権を優先的に与える法案を可決しました。
ウィリアム英王子(Prince William)と妻キャサリン妃(Catherine, Duchess of Cambridge)が出産予定の第1子から適用されます。
王位継承における男子優先を廃止とするこの法案は、わずか3か月の間で上下両院を通過し、成立には女王の裁可を残すのみとなりました。
新法が制定されると、たとえ第2子以降が男の子でも、長女が優先され、王位を継承することになります。
また新法の下では王族の子孫がカトリック教徒と結婚することも可能になりますが、カトリック教徒の王位継承についてはこれまで通り禁じられるとのことです。
男女共同参画をまさに実践する英国王室、それにスピーディに呼応する英国議会は見事、とても日本の議会では真似できないことです。
巷では皇太子妃雅子様のご様子についてあれこれ取沙汰されています。
4月30日に王位継承行事が開かれるオランダへ、皇室外交として外国訪問するのは11年ぶりとのことですが、そこまで回復されたと喜べないものでしょうか。今更ですが、さぞかし息苦しい日々を送っていらっしゃることとお察しする今日この頃です。

待機児童ゼロ

2013.04.18
安倍首相は18日午前、日本テレビの「スッキリ!!」に出演し、今年度からの5年間で待機児童ゼロを目指す考えを表明した。

 安倍首相は今日のお昼のワイドショウに出演され、「安倍政権としては、まず20万人分の待機児童の皆さんに対しての保育所を整えていく。5年間で待機児童ゼロを目指していく」とおっしゃった。

 安倍首相は女性の雇用促進が「成長戦略の中心的な柱だ」として、女性が社会で仕事をしてくれれば「経済全体にとって良い」と述べ、待機児童を解消する目標を2年前倒しして、今年度からの5年間で実現したい考えを表明した。
安倍首相はさらに、育児休業の取得可能期間について、現行法では最長で1歳6か月までのところを、3年間まで可能とするよう企業側に求めていく考えを明らかにした。

 今まで、子どもは家庭で育てるものと言っていた自民党政権においても、待機児童対策をしっかり行っていただけるのは、喜ばしいことです。少子高齢化の現代においては、経済を支える女性の役割は大きく、家庭だけではなく、社会で子どもを育てていくことが求められます。
 札幌市においても、保育所を増設・増員し、保育ママ制度を作り、認可外保育所の中で、基準にあったところは保育ルームとして助成し、幼稚園預かり保育等様々な対応を行ってきたが、まるでいたちごっこ状態から、脱することができない。
 そこには、個々の家庭のニーズがきちんと読み取られていないからと考える。今年後、横浜市に習った、「保育コンシェルジェ」を導入するが、フルタイムなのか、短時間なのか等対応の仕方はさまざまだと思う。家庭のニーズをしっかり受け止めた保育施策を行っていきたい。
SAPICA
月曜日、東区長、市民部長と市民からの要望について意見交換してきました。市民から沢山の意見や要望が上がることは、望ましいことだと思います。
ご注意!
定期入れのサビカ定期が今日は何度もイレギュラーとなり駅員さんに聞きました。
6月からSuica対応が可能になるため、プログラム変更され、重ねて入っていても、今まで読まなかったSuicaでトラブルとの事でした。
6月からは、Suicaを先に読んでしまうので、重ねないようアドバイスされました。
便利になることには、注意も必要ですね。
(4月15日facebookより)
インターネット中継
2月から3月はあっという間に過ぎ、4月もすでに半ばとなりました。
HPの更新をしなければと思いながら、忙しさに取り紛れて時間を過ごしてしまったのは、反省です。
Facebookは少しの時間でタイムリーにできるのですが、HPはPCの前に座りとなると、なかなか進まないのが難点です。
3月に行われた第1定例会では、8局13本の質問を行い年度の集大成としました。
質問内容は、新たにHP上に札幌市議会のインターネット中継をリンクしましたので、お聞きいただければ幸いです。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長