札幌市観光写真から
今年もあと一日を残すばかりになりました。
この一年も本当に早く感じました。特に12月の衆議院選挙では、安倍政権が極めて低い投票率に功を奏し、アベノミクスの評価は低いものの再び与党圧勝という結果になりました。
安倍首相は国民の負託を得ていると考えているのならとんでもない勘違いです。高々全体の20%にも及ばない数での、小選挙区での勝利です。ゆめゆめ大多数の民意とは異なるということを忘れてはなりません。

 憲法とは為政者をしばるもの、総理大臣は憲法尊重擁護義務を負っています。しかし、安倍首相は憲法を踏みにじり、立憲主義をないものにしようとしています。年が明けると、安倍首相は集団的自衛権の閣議決定に関わる自衛隊法改悪、周辺事態法改悪、PKO改悪法案などなど違憲の戦争立法を国会に提出してくるでしょう。秘密保護法も原発再稼働、労働法改悪、TPP参加も一気に動き出すのではと心配しています。

アベノミクスは、これまでの政権が継承してきた社会保障の機能強化を無視しており、貧困と格差が進み、今や子どもの6人に一人が貧困状態であり、一人親の貧困率は54%とOECDでトップと悲惨な状況です。
新しい年が誰にでも分け隔てなく来るように、国民一人ひとりに出番と居場所のある暮らしのための政治が求められます。
来年も「ゆるぎない想いで支えあいのまちづくり」の実現を目指してまいります。
衆議院選挙を終えて
北海道2区の選挙は大いにねじれたものでした。
池田まき候補を応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。 結果は残念でしたが、私達は北海道2区の候補として擁立できたのは、良かったと思います。
次の国政選挙に向けて、必ず彼女は一回りもふたまわりも素晴らしい候補者になるに違いありません。
どうぞ引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。






衆議院選挙

2014.12.01
池田まき
衆議院選挙に民主党二区(東区、北区)から池田まきさんが急遽立候補する事になりました。42才ちょうど良い年代です。
20年間福祉の現場で活動してきたスペシャリストであり、苦労人です。民主党北区、東区の道議、市議は池田候補の必勝を誓い頑張ります。
皆さまのご支援をお願いいたします。










最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長