民主党北海道女性議員等連絡会議道南・道北ブロック合同研修会

2014.03.29
洗浄センター
3月27日、民主党北海道女性議員等連絡会議は道南・道北ブロック合同研修会を札幌市内で開催し、私も研修2部に参加しました。

2部は、イオンやダイエ−で使われている買い物かごの洗浄作業を行う障害者就労支援施設「社会福祉法人愛和福祉会ワ−クス翔(かける)」(東区)を視察した。
ワークス翔は、買物カゴ洗浄を就労支援事業のひとつとして、北海道による「平成24年度障がい者自立支援対策推進費補助 障がい者自立支援基盤整備事業の大規模生産設備整備」として補助金制度を活用し、昨年3 月より月間10 万個の買物カゴの洗浄が可能な洗浄センターを開設している。

イオン北海道は、道内31 店舗で使用している約4 万個の買物カゴの調達・管理を一元化し、ワークス翔が開設する洗浄センターへ買物カゴの洗浄を委託している。
洗浄センターでは、12種類のカゴを扱い、まずカゴの中に残ったレシートやゴミ、破損を確認し、洗浄機に流し、二段階洗浄後も点検を行い、雑菌調査器により洗浄効果を分析し、その結果を月次で報告することで、店舗に来店されるお客さまが安心して買物ができるよう、買物カゴの衛生品質の維持・向上に取り組んでいる。

一日あたりの作業人員は6〜8人で、稼働時間にはまだまだ余力はあり、今後の営業努力にかかるとのことだった。
カゴのサイズにより、重ねる数が異なり最終の集中力を必要とするため真剣に作業している様子から、障がい者には就労の場を提供し、収入の安定と自立を促進することに繋がり、また企業にとっても社会貢献の機会となり双方に大きなメリットとなることが確認できた。



最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長