東京都議会

2014.06.20
東区役所駐車場ラベンダー畑
東京都議会で晩婚化や晩産化の対策について質問した女性都議にたいして、心ないセクハラヤジが飛んだことに対して、議論が高まり、都議会には1千件を超す批判が殺到している。
最大会派自民の幹事長は「自民の議員が述べた確証はない。会派で不規則発言は慎むように話す」と述べるにとどまり、発言者を特定しない意向を明らかにしている。

「議会の品位をおとしめるヤジは無いよう注意して欲しい」と各会派の全女性都議25人は19日、議長に申し入れたとのことだが、いったい議長はその場をどのように対応したのか不可解。
議長席からは誰が発言したのか一目瞭然のはず、発言者が不明とはありえないし、ヤジを飛ばした議員の周りにいた議員も当然知っていたはずです。

 ツイッターで「うやむやにするつもりか」と批判した都教育委員で作家の乙武洋匡さんは「今回のヤジはおもてなしと正反対。本当にこの街で五輪を開催できるのか」と述べたとのこと、もっともです。

札幌市議会でも、ヤジは多々ありますが、今回のような品性下劣なヤジは聞いたことはありません。
「札幌市議会規則」にも、(議事妨害の禁止)として「何人も、会議中はみだりに発言し、騒ぎその他議事の妨害となる言動をしてはならない」とされているがセクハラ発言は想定されていない。
また、傍聴者に対しては、「札幌市議会の傍聴に関する規則」で、傍聴人の禁止事項として、会議における言論に対して拍手その他の方法により公然と可否を表明することや飲食又は喫煙、携帯電話の使用、会議の妨害又は他の傍聴者の傍聴の妨げとなるような行為等があり、(違反に対する措置)では、傍聴人がこの規則に違反するときは、議長等は、これを制止し、その命令に従わないときは、これを退場させることができます。

市民の代表であり、代弁者である自治体議会議員の品格が問われる、あってはならない出来事でした。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長