東京都議会 2

2014.06.25
大通バラ園
セクハラヤジについては、とどまるどころか
世界中に発信され、日本の議会いや、社会における女性蔑視が
明らかになっている。

これほどの反応になろうとは、
あの品性下劣な発言をした鈴木都議と
いまだ隠れているきっと役職者で表に出たら
大きなダメージを与えると思われる自民党男性議員たちは
想像もしなかったと思います。

発言は許せませんが、すぐに謝罪していれば
全世界に発信されるようなお粗末な状況には
ならなかったでしょう。
しかし、都議会規則において3日間のうちに
個人が特定されないと、議会運営委員会でとりあげないことが
分かったうえで、だんまりをつづけ、5日目に謝罪とは
姑息な手段です。

また、誰が発したかは傍にいればわかりますし、
議長は正面ですからしっかり分かっています。

北海道議会と札幌市議会の女性議員に各マスコミから
アンケートが来ており、直接電話でも取材を受けています。
幸い、札幌市議会では68名中17名が女性という数の重みもあり
セクハラ発言はありませんが、
しかし、中にはひどい人格を傷つけるようなヤジを発する議員もいます。

今回、北海道議会女性議員一同は東京都議会議長あてに
申し入れをしており、札幌市議会も全会派17名の総意で
全容解明を求める申し入れを24日調整しましたが、
自民党はすでに、謝罪しているとのことで不参加となり、
今日、女性議員のいる3会派(民主・共産・ネット)で申し入れを行い、
記者クラブに投げ込みもしました。
また、自民党はアンケート等にも回答しないとのことで、
自浄努力は感じられません。

安倍総理は、成長戦略の中で、<女性の活用>としきりにおっしゃいますが、女性は物品ではありません。社会の中で、男女問わず、活躍できる環境を作ることが求められているのです。
自分の言葉にも責任を持たず口を拭う、こんな状況こそが、
少子化の根源だと考えます。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長