憲法記念日 No.3

2007.05.03
 若者達の報告の後、対話の集いがあった。5月26日から白石ディノスで公開される「日本の青空」と言う映画がある。これは日本国憲法の成立過程が描かれた今大変注目の映画です。

安倍総理はしきりに戦後レジュームからの脱却とおっしゃる。現憲法は、占領軍から与えられた憲法だから、改憲しなければならないとおっしゃる。
はたしてそうなのか?

「戦後まもなく民間の日本人が憲法研究会を結成した。そこで憲法学者鈴木安蔵を中心に憲法草案が作成され、GHQの憲法案に大きな影響を与えた。鈴木がよりどころにしたのは、明治の自由民権運動で作られた民間の憲法案だった。

日本国憲法は外国から押し付けられたのではなく、日本の民衆の中から出たものなのだ。」(北大 小田准教授語る)憲法9条は為政者の暴走を止めるもの。

国家をしばるもの。日本はほぼ完全なものを作った。今日本はなし崩しにしようとしているとの言葉は非常に重い。

今日 安倍総理が靖国神社にまさ榊を奉納した事が明らかになった。ポケットマネーで5万円出されたそうだが、総理と言う立場でなければ宗教の自由でもあり、構わない。しかし「総理大臣」署名つきである。

「私人」とは考えられない。自民党の数によるイケイケ行動は見苦しく、姑息である。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長