委員会初質問 No.4

2007.06.22
初質問最終は子ども未来局へだった。

「子育てアドバイザー養成活動促進事業費」について私自身の子育てを振り返り、母親がいかに寂しい思いをしているか、母親たちは子育てについて分かってほしい、優しく支えてほしいと思っている事を話した。

子どもを産み育てたいと思う人たちが安心して生活できる環境を作らなければいけないし、育児をする親が孤軍奮闘しなければならないような孤独な子育てから、だれもが子育てに喜びとゆとりを持つことができるよう、みんなで子どもの育ちを見守り、支える仕組みが必要と考える。

今まで行ってきた「託児ボランティア講座との違い、受講者の想定を踏まえて養成講座実施の目的」「目指す方向」「サンデーサロンの詳細」を質問しました。

子育てアドバイザーの活動場所として、日曜ファミリー子育て広場(サンデーサロン)が今年豊平区東区のちえりあ2ヶ所で開設される事が明らかになり、このサンデーサロンでは父親たちが子育てに参加できる。

家庭や子育てで社会的活動から遠ざかっている女性や、家庭に戻ってきた団塊世代の男性などが社会との接点を持つ1つのきっかけになれば大変有意義な取組みだと思います。

子育てアドバイザーの存在が子どもを持つ家庭に大きな支援となるよう期待します。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長