タウンミーティング

2007.07.26
 東区タウンミーティングがサッポロビール博物館で開催され、100人位の東区民が参加されました。

 まず「手をつなぐ地域と大学」の題でH18から天使大学が東保健センターと取り組んきた健康づくりシステムを始めとする活動、研究が発表されました。

 東区民の現状や課題が明らかになり、それぞれ10地区に特色があること、活動の工夫がなされていること、世代交代や活動資金について問題を抱えていることが発表され、行政に対しては参画と運営、予算の確保、活動場所の確保、行政とのパートナーシップの一貫性等に期待されていることが分かりました。

 また大学への期待としては、企画力、メンタルケア・ターミナルケア・子育てへの支援、研究成果の還元と発信、若い学生との交流等が上げられました。

 大谷大学からはH17より大学内で開設されている子育て支援センター“んぐまーま”の紹介がありました。

 地域における子育て支援機能の一つとして、学生は学ぶ場として実際に協働している事を知りました。

 東区は素晴しいこの二つの大学とコラボレーションできる事。
まさに「地域に開かれた大学」そのものであることを確認し、嬉しくなりました。

 その後、フリートークとなり元町、苗穂、北光地区から、地区の課題が発表され、上田市長からアドバイスや意見交換がされました。

 タウンミーティングは誰でも参加でき、発言もできる会で、行政が身近に感じられると強く思いました。

司会を地域FMさっぽろ村ラジオの石川めぐみさんがされ、とても機転の利く素敵な対応に関心しました。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長