二日続きのグローバルな視点

2007.09.09
 昨日は東京で「女性のためにの政治スクール」に参加してきました。

講師は今井章子氏(東京財団広報)「グローバルな視点から見た格差社会」でした。

「あなたのTシャツはどこからきたのかー誰も書かなかったグローバリゼーションの真実」を翻訳された方で、マイアミのお土産屋にあった1枚のTシャツの行方を辿ることで、グローバル化の恩恵を誰が受けているのかとの内容。

大統領選挙と繊維利権の有様、日米繊維紛争、途上国であった中国やインドが声を出せるようになった反面、アフリカ等の最貧国は恩恵から外れている等、、貿易と政治が深く関わっていることを知りました。

 今日は母校慶応大学150周年記念講演会があり、この中で和気教授の講演が「グローバリゼーションと地域社会」でした。

 世界経済のグローバル化によって振り子はどこへ行くのか?光と影、サービス経済の高度化が成長につながるのか?

多様な地域社会からなる日本社会の奥行きが試される。違いが楽しめる社会は地域性を反映したサービス産業の高度化が可能になる。

グローバルショックに強い地域社会が閉鎖的なナショナリズムを回避できる鍵になるとの話は納得できました。
 
 偶然にも二日続きでグローバルな内容を聞き、もっと勉強しなくてはと痛感しました。

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長