地方自治土曜講座

2007.04.04
 昨年紹介され「地方自治土曜講座」に参加させていただき、自治体議員を目指すものとして勉強させていただきました。
今年は中々日程が合わず、最終回にようやく参加出来ました。

テーマ「格差社会を超える」ジャーナリストの平舘氏の講演「格差社会の現実と背景」、北大教授宮本氏の講演「地域格差社会を超えるための自治体」、パネル討論「北海道における脱格差社会」は大変中身の濃い内容だった。

郵政民営化が10月より始まるが、既に郵便事業の組織再編は行われており、集配局が集約され、北海道においても多くの局が無集配局になり、郵便窓口会社も収益悪化なら地域から撤退、過疎地の切り捨てにつながっていく。

 北海道は国鉄民営化で交通が切られ、
教育においては道立高校の統廃合が進み、
過疎地における金融機関であった郵便局の縮小され、病院の統廃合も進み、いよいよ陸の孤島化が進む。

今まで道路状況を町へ伝えたり、独居老人の安否確認をしていた事は、より困難になります。

 郵便局の中でも、大合理化と労働強化が進み、公益性より収益重視にシフトされ、郵政版トヨタ生産方式の導入で強権的な労働管理が行われ、職員の健康被害が広がっている。
いったい郵政民営化は誰にとって有効な策であったのか・・

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長