札苗救急隊

2007.10.01
札苗救急隊
 今日から東消防署札苗出張所に救急隊が配備され、開始式に参加
してきました。

 札幌市内には30隊の救急隊が配備され、年間7万件の出動要請に応えています。東区は人口も増え、通常6分で到着するところ8分以上かかっていました。

 今年度補正予算で31番目に配備され、札苗地区を中心として安心・安全を引き受けてくれます。

 この高規格救急車には2シフト6人の隊員が配属されており、1シフト24時間であることを聞き、本当に大変な仕事だと改めて知りました。

 救急車をタクシー代わりに使う市民もいると聞いていますが、節度を持って本当に必要な市民が使うことの出来るよう願います。

 救急救命の説明を受け、AEDが身近な所にも設置され、一般市民が救急救命を行うことも多くなった事例も聞きました。

20091001_2

最近のエントリー

カテゴリ

RSS Feed RSS Feed Atom Feed TopicXML アイコン
WebBoard

篠田江里子

篠田江里子

プロフィール

1950年東京都生まれ、横浜市、名古屋市育ち、慶応義塾大学卒業、結婚により札幌市へ。
専業主婦を経てローラアシュレイジャパンで社会人復帰、札幌・東京の店長やマネージャを務め、2006年退社。
東京赴任中、円より子主宰“女性のための政治スクール”に参加。民主党さっぽろ公募を経て2007年札幌市議会議員に初当選以来3期12年の活動。
各常任委員会委員長、予算・決算特別委員会委員長、冬季五輪招致・スポーツ振興調査特別委員会委員長、札幌市都市計画審議会委員歴任。
(家族:既婚の娘二人、母)

活動履歴

  • 札幌市DV(配偶者間暴力)被害者支援ボランティア
  • 札幌市食生活改善推進委員
  • 高齢社会を良くする女性の会、I女性会議、ゆいネット、BPW会員、SI札幌会員
  • 保護司・札幌認知症の人と家族の会
  • 環状通東商工会委員、すすきの観光協会理事
  • 国民民主党北海道女性委員長